So-net無料ブログ作成

MAXON OD-802 [楽器]

前々からやろうと思ってやり切れていなかった事 多々あり。
その中の一つにエフェクター修理がありました。

MAXON D&S2 (OD-802)のスイッチ修理です。


メーカーへは問い合わせ済みで...
回答はこのように帰って来ましたw


『○●○ 様

こちらは、マク○ン・カスタマーサービスです。
お問い合わせ頂きましてありがとうございます。

D&S2(OD802)は1979年から約2年間製造しておりました。
製造完了から約30年経過しておりましてフットスイッチの補修用部品を保有しておりません。
誠に申し訳ございません。

以上、よろしくお願い致します。』


そうですね、30年ですものなのですね。

IMG_0281.jpg


修理内容は

フットスイッチの交換です。
メーカーは何万回もの作動実験をクリアしたものを製品化しているのでしょうが、このキャラメルスイッチは にしても壊れやすいです。。。


最近流行の、バイパススイッチにはあえてしないのです
私は、スイッチノイズに酷く悩まされて事がありましたので...
内蔵バッファは外せませんw



代替スイッチはモーメンタリーであればなんでも良いのですが、今回はというか最近はフジソク製を愛用しておりまして 品番は "8Y1021Z" という物を使用します。

後は、スイッチの径サイズ調整のためワッシャーを噛ませます。
サイズは 内径12mm×外形26mm です。。


作業は、大きめのペンチで元のスイッチを外して新品スイッチを突っ込むw
”はんだ”を流してスイッチに固着

裏蓋をネジで締めて、電池との隙間を見ながら電池蓋が... カチッとハマれば



完成!



とても単純な作業だったのです。
IMG_0286.jpg










nice!(0)  コメント(6270) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます